>  > 【送料無料】 205/55R16 16インチ BRANDLE ブランドル M71 6.5J 6.50-16 YOKOHAMA ヨコハマ ブルーアース A(AE50Z) SALE サマータイヤ ホイール4本セット フジコーポレーション

M71 205/55R16 SALE サマータイヤ ホイール4本セット 6.5J ブルーアース BRANDLE 【送料無料】 YOKOHAMA M71 A(AE50Z) ブランドル 6.50-16 ブルーアース 16インチ フジコーポレーション ヨコハマ

セアドー・レトキー 著, 松田 幸雄 訳
四六判 / 256ページ / 上製
定価:2,500円 + 税
ISBN978-4-7791-1490-8 C0098
奥付の初版発行年月:2009年12月 / 書店発売日:2009年12月02日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

自ら「霊魂の歴史」と称する精神の旅を記録した フォルクスワーゲン ゴルフ 7 VW GOLF VII フロントリップ【アルピール】VW GOLF VII TSI Front Lip Spoiler FRP、日本人の心にも響くアメリカの詩人の全貌……。1941年の『開け放しの家』から1964年のアメリカ戦後詩の白眉というべき『遠い野』まで、象徴性に富み、愛と思索の全てを収録。

著者プロフィール

セアドー・レトキー(レトキー,セアドー)

Theodore Huebner Roethke 1908年アメリカ合衆国ミシガン州生まれ。ミシガン大学、のちにハーヴァード大学で学ぶ。ラファイエット大学、ペンシルヴァニア州立大学、ベニントン大学などで文学を教える。1963年シアトルのワシントン州立大学の在職中に心臓麻痺のため急死。邦訳書に『レトキ詩集』(レトキ著、沢井淳弘訳、国文社、1984年)、『セオドー・レトキ詩集 現代の芸術双書〈31〉』(セオドー・レトキ著、石田安広訳編、思潮社、1969年)、『青 第5号 シアドー・レトキー特集』(シアドー・レトキー、鍵谷幸信、余話友、安藤一郎他、三日会、1967年)、『アメリカ名詩選 岩波文庫(赤)』(3篇収録、亀井俊介・川本皓嗣 編、岩波書店、1993年)など。

【送料無料】 205/55R16 16インチ BRANDLE ブランドル M71 NH100 6.5J 6.50-16 YOKOHAMA ヨコハマ ブルーアース サイドブレーキブーツ【スーペリアオートクリエイティブ】カーボンルックシフトブーツ A(AE50Z) SALE サマータイヤ ホイール4本セット フジコーポレーション

松田 幸雄(マツダ ユキオ)

1927年千葉県に生まれる。慶應義塾大学卒業。
詩集 『詩集 1947-1965』(室生犀星詩人賞)、『中間点』、『日輪王』、『夕映えを讃えよ』。
訳書 D.H.ロレンス詩集『鳥と獣と花』(彩流社)
『ディラン・トマス全詩集』(青土社)
青土社、神話シリーズ(アメリカ・インディアン、アフリカ、ケルト、マヤ・アステカ、アボリジニー)、その他。
また、英米現代詩の訳や研究、日本詩人についてのエッセイなどがある。

目次

『開け放しの家』(一九四一年刊)より
 ・開け放しの家 ・祈り ・金剛石 ・中部の大風 ・青鷺 ・非在の鳥
 ・「雑草万歳」 ・ウッドローンへの道 ・春の思い ・夜の旅
『迷える息子 zoom/ズーム ダウンサス スーパーダウンフォースC 307 カブリオレ A307CC PEUGEOT/プジョー、その他の詩』(一九四八年刊)より
 ・挿木 ・挿木(後期) ・球根貯蔵室 ・促成栽培温室
 ・草むしり ・蘭 ・苔集め ・大風 ・花卉栽培の爺さん
 ・移植 ・温室のてっぺんの子供 ・カーネーション
 ・バウマンさん、シュミットさん、シュヴァルツさん ・パパのワルツ
 ・ピクルスのベルト ・嘆き ・夜の鴉 ・川のエピソード ・微生物
 ・循環 ・迷える息子 ・光の野原 ・火の形
『終わりまで讃えよ!』(一九五一年刊)より
 ・ぼくは叫ぶ、愛よ、愛よ!
『目覚め』(一九五三年刊)より
 ・おお KENDA ケンダ KAISER KR20 限定 サマータイヤ 215/45R17 WEDS ウェッズ RIZLEY ライツレー DK ホイールセット 4本 17インチ 17 X 7 +47 5穴 114.3、汝 開放よ、おお ・訪問者 ・軽快な呼吸者
 ・ジェーンに捧げる哀歌 ・老女の冬の言葉
 ・ジョン・デイヴィス卿に捧げる四詩篇 ・目覚め
『風に寄せる言葉』(一九五八年刊)より
Ⅰ・戯れ詩と児童詩より
 ・牝牛蛇 ・ナマケモノ
Ⅱ・愛の詩より
 ・夢 ・全大地よ、全天空よ ・風に寄せる言 ・一人の女性を知った
 ・声 ・彼女 ・パートナー ・純粋な狂乱 ・回復
Ⅲ・声と生物
 ・獣 ・歌 ・晩夏の散歩
Ⅳ・死にゆく男
 ・死にゆく男 ・彼の言葉 ・いま何か? ・壁 ・歓喜
 ・小鳥たちは歌い、

、小鳥たちは歌う
Ⅴ・ある老女の黙想
 ・私はここにいます ・彼女の生成 ・第四の黙想
『ぼくは生きてる!と仔羊が言う』(一九六一年刊)
 ・ナンセンスの詩 ・にゃんこ猫鳥 ・マートル ・河馬 ・仔羊
『遠い野原』(一九六四年刊)より
Ⅰ・北アメリカ詩篇
 ・切望 ・オイスター川での黙想 ・内陸への旅 ・広漠たる水域
 ・遠い野原 ・薔薇 
Ⅱ・愛の詩
 ・若い娘 ・彼女の憧れ ・光は聴いた ・彼の予見
Ⅲ・雑詩篇
 ・奈落 ・オットー ・蜥蜴 ・嵐 ・カワカマス ・夢心地の人 ・瞬間
Ⅳ・ときに形而上的な連作詩
 ・暗いときに ・夕暮れの大気のなか ・続唱 ・動き ・衰え
・ 決断 ・髄 ・私は待った ・正しいこと ・もう一度踊りを

関連書

ページの上部へ▲

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-70897