HOME |廃プラスチックを「食べて」消化・分解する酵素を、

、英米の研究チームが偶然に作製。日本チームの「消化・分解」可能な細菌発見を踏まえ研究を進める。実用化に光明(RIEF)|

ドアロック連動ドアミラー自動格納装置(分類:トヨタ クローザー. 適合条件の確認が必要) [取寄せ:欠品・完売時は入手不可] QCT-202 クローザー. 適合条件の確認が必要) クイック

2018-04-17 17:06:31

 

  米英の研究チームは、プラスチックを消化分解する酵素を作製したとの研究結果を16日に発表した。日本の研究チームが2016年に発見したプラスチックを消化分解する細菌の研究を踏まえて ブリッツ/BLITZ Touch-B.R.A.I.N. No.15158 ニッサン/日産/NISSAN ローレル G(N)C34 RB25DE 1993年01月~1997年06月 JAN:4959094151586、同細菌が持つ分解酵素の作製に成功したという。酵素の量産化が可能になると、世界中の海洋や自然界で深刻化しているプラスチック汚染問題を解決に導きっかけになる可能性が出てくる。

 

 プラスチック消化分解酵素の作製に成功したと公表したのは、 英ポーツマス大学(University of Portmouth)と米エネルギー省の国立再生可能エネルギー研究所(NREL)の研究チーム。共同執筆の論文は米科学アカデミー紀要(PNAS)に掲載された。

 

 プラスチックを消費分解する細菌は、2016年に日本の京都工芸繊維大学と慶応大学、帝人などの共同チームが、プラスチックの一種であるポリエチレンテレフタレート(PET)を分解して生育する細菌を自然界で発見、その分解メカニズムについての解明に成功している。同細菌は 18インチWRX S4VAGWEDS ウェッズスポーツ RN-05M グロスブラック 8.5Jx18ディレッツァ DZ102 225/45R18、大阪府堺市で採取された環境サンプルにあったことから、Ideonella sakaiensis(イデオネラ・サカイエンシス) と名づけられている。

 

京都工芸繊維大などが発見した自然界でプラスチックを「食べる」細菌

 

 今回、英米のチームは、このサカイエンシスが持つ酵素の一つ「ペターゼ(PETase)」の構造を明らかにして、作用の仕組みを解明する実験を進めてきた。ところが、その作業の過程で「PETプラスチックの分解能力がさらに優れた酵素を偶然作製した」という。研究チームは太陽の100億倍の輝度を持つ超強力X線を用いて、超高分解能の構造解析によるペターゼの立体(3D)モデルの作製に成功した。

 

 日本のチームの発見後、米サウスフロリダ大学と(University of South Frorida)とブラジル・カンピナス大学(University of Campinas)の研究者による細菌のコンピュータモデル化によって、ペターゼが真菌や細菌にみられる別の酵素のクチナーゼに似ていることがわかっていた。ただ、ペターゼにはクチナーゼと少し異なる部位があり、今回の英米の研究チームはこれがペターゼによる合成樹脂の分解を可能にする部位だとする仮説を立てたという。

 

 そうした仮説に基づいて研究チームは 【ゴジゲン】マフラー Pro Racer ZZ (プロレーサーZZ) インプレッサ 【GH-GDB】 [H12/10~H16/7] 左側シングル、ペターゼの活性部位をクチナーゼにより近い構造になるように変異させたところ、この変異酵素が天然のペターゼよりも優れたPETの分解能力を持つことを予期せず発見したという。研究チームは現在、この変異酵素をさらに改良する研究に取り組んでいる。最終的にはプラスチック分解の産業的利用にまで用途が拡大することを期待している。

 

ポーツマス大のJohn McGeehan 教授

 

 研究チームのポーツマス大学のJohn McGeehan教授は「1960年代には世界中に拡散した大量のプラスチック廃棄物を処理できるとはだれも思わなかった。だが 【送料無料】 225/35R19 19インチ OZ ITALIA 150 8J 8.00-19 ROADCLAW ロードクロウ RH660(限定) サマータイヤ ホイール4本セット 輸入車、それを解決できる「魔法の原料」を作り出せるのは科学コミュニティの力だ。真の解決に向けて、われわれは人類のすべての知恵と技術を活用しなければならない」と、酵素の実用化に向けた決意を述べている。

 

http://uopnews.port.ac.uk/2018/04/16/engineering-a-plastic-eating-enzyme/

https://www.kit.ac.jp/2016/03/topics160311/

会員専用のE-learningや動画ニュースが見放題!!

RIEF Interview

イベント・予定

2019年4月26日 第19回RIEF勉強会。「「TCFDのシナリオ分析...
2019年2月1日 第18回RIEF勉強会。「ISOのグリーン・サステナ...
2019年1月23日(水)午後3時から 第4回サステナブルファイナン...
2018年11月30日 第17回RIEF勉強会。「中国における排出量取...
2018年10月26日(金)全国防犯CSR推進会議主催「CSRセミナー...

Most Read Recommend
営業時間・情報
1-202-555-1212
ランチ: 11am - 2pm
ディナー: 月〜木 5pm - 11pm、金〜土 5pm - 1am
Most Read
フランス中央銀行、年金資金等の投資ポートフォリオ運用から...
「木質バイオマス発電の『排出ゼロ』はウソ」。欧米の環境活...
英ケンブリッジ市議会、子どもたちの「気候変動のための登校...
「気候変動阻止の登校拒否」を世界に広げるスウェーデンのグ...
第4回(2018年)サステナブルファイナンス大賞受賞式の開催。...
日本のグリーンボンド市場「2018年の総括」。発行数は前年比3...
太平洋セメントなど官民6事業者、東電福島原発事故での除染土...

E-learning

環境金融E-Learning:基礎コース

出版・資料室


環境金融ブログ


Research Institute for Environmental Finance
一般社団法人環境金融研究機構

〒101-0063
東京都千代田区神田淡路町1-9-5 天翔御茶ノ水オフィスビル303号
Tel & Fax(03)6206-6639
Email: green@rief-jp.org

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
{yahoojp} {rief-jp.org}