こんにちは。

 

ゴルフシーズンを迎えたとは言うものの、お仕事やお家が忙しくて充分に練習ができていない方も多いのではないでしょうか。

「クラブを握るのは1カ月ぶりだよ」とか「全く練習なしのぶっつけ本番だ」なんて嘆き節が 【代引不可】 マックスプル工業 回転式ウインチ GM-3 (300kgf用) 【メーカー直送品】 、ゴルフ場の朝では定番ですね。

 

でも、実際に一般アマチュアの大半の方は、そうした忙しいスケジュールの中でゴルフを入れておられ、ラウンドのための充分な練習時間を確保するということはできないですよね。

私も元々、毎日球を打たないと不安な性質ですが、ショップの店長をさせていただくようになった今やコースでの練習はもちろんのこと、

【送料無料】 185/65R15 15インチ BIGWAY ビッグウエイ LEYBAHN WGS 6J 6.00-15 DELINTE デリンテ DH2(限定) サマータイヤ ホイール4本セット フジコーポレーションアウトレット

、練習場での打球練習もめっきり減ってしまいました。

 

あまり練習出来ていない時のラウンド、特に朝イチのスタートなどは不安が頭をよぎりますね。

今日は、そんな忙しい方でもゴルフの調子を維持する方法について書いてみたいと思います。

 

-球を打たなくても、クラブは握る-

 

「練習」というと、一生懸命球を打つことのように思いますが、必ずしも打球練習が功を奏すとも限らないのです。

特に不調な時の打球練習は要注意です。

 

調子が悪いのでたくさん練習しようという心理は当然のことなのですが、ここで忘れてはいけないことは調子が悪い原因を仮説でもいいので自分の中に持っておくということです。

そして、練習に修正点などの明確なテーマを持っておかなければなりません。

こうしたことがなく、気持ちだけ鎮めるための打球練習はおすすめできません。

 

でも、現実には好不調に関係なく、練習に行きたくても行く時間がないという方のほうが多いかもしれませんね。

 

そういうときに大切にしていただきたいのが、とにかく毎日クラブを握るということです。

球を打てなくてもよいので、たとえリビングでも寝室でもクラブを毎日握るようにしてみてください。

アドレスの恰好ができれば、なお良いですね。

 

たったこれだけでも、全く練習なしでラウンドに臨むことと比べれば“雲泥の差”と言っても過言ではないぐらいの差が生まれます。

グリップの形が正しいとか間違っているということは置いておき、日々クラブを握るだけでゴルフの感覚が鈍ることを最小限にとどめることができます。

 

そうして、その時はできるだけミスショットしたことなどネガティブなことは思い返さないことです。

思い返すとすれば、好調な時のゴルフや良かったショットです。

難しいことを考えずにリラックスした気持ちでクラブを握るということが大切です。

 

1日2~3分でもかまいません。

どんなに忙しい方でも Continental ContiVikingContact TM6 225/60R17 (コンチネンタル コンチバイキングコンタクト TM6) 新品タイヤ 4本価格、1日1回クラブを握るくらいの時間はとれるはずです。

だまされたと思ってやってみてください。

 

かなり久しぶりのラウンドをしたときに、比較的早く自分のゴルフが取り戻せるはずです。

 

-素振りは最強の練習方法-

 

“素振り”と言えば、学生時代の部活で1年生部員や補欠の選手がひたすらやっている地味なイメージを持たれる方が多いと思います。

たしかに地味です。(笑)

 

でも、場合によってはわずか10~20回の素振りが500球以上の打球練習にまさる効果を生むこともあります。

もちろん、日々継続しての話ですが。

日々継続といっても、何も毎日100スイングとか500スイングとかじゃなくても大丈夫です。

回数は少なくても良いので、しっかり振ることです。

 

練習場でたくさん球を打てば、なんとなく満たされた(?)ような気持ちになったりしますが、その練習が必ずしも成果を上げているかと言うと、しっかりテーマを持っていなければ疑問符が付くところです。

やみくもに打ち放題などを利用してたくさん打っても、テーマがしっかりしていなければ、調子の悪い時などは「悪い癖が固まる」という皮肉な結果になることさえあるでしょう。

 

話を素振りに戻しますが、素振りの良いところは何といっても“プレッシャーがかからない”ということです。

 

打球練習でも本番じゃないからプレッシャーなんてないと考えがちですが [Azur アズール] ハンドルカバー ふそう ベストワンファイター(H11.4~) エナメルホワイト 2HSサイズ(外径約45~46cm) XS54I24A-2HS-005、それはあくまで表面的な意識レベルでの話です。

もちろんコースでのスタートホールや周りに見ている人がたくさんいるような場合のプレッシャーとは種類が違いますが、潜在意識はボールを気にしています。

なので、どうしても“当てにいく”ということになってしまいます。

 

もちろん、本番ではボールを打つわけですから、打球練習も必要ですが、もう少し長期的な視点と上達するということを視野に入れた場合、ボールを打たない素振りには絶大な効果があるのです。

素振りなら、ボールの行方を気にすることがないので結果にこだわらず、よどみない動きができます。

“素振りプロ”とか“素振りシングル”と言いますが、まさにそうなんです。

 

ほとんどの人が素振りのとき、もっとも良いスイングをしています。

 

この素振りのときも、あまり部分的な動きにこだわらずに気持ち良く振ることを心がけてください。

実際に球を打つ(うまく打てる)イメージを添えてもらえば、より良いです。

そうして、できるだけ自然な動きをクセ付けて 【送料無料 ソリオ(MA36S)】 165/65R15 15インチ BLEST ブレスト ユーロスポーツ MXベテルグ 5J 5.00-15 DUNLOP ダンロップ エナセーブ EC204 サマータイヤ ホイール4本セット フジコーポレーション、時々実際にボールを打って整えるという流れが良いスイング作りには欠かせません。

 

練習場で打球練習をする時間がたっぷりある方でも、実打ばかりでなく、素振りをたくさんしてリズムを整え、合間にボールを打つぐらいの練習がおすすめです。

そうすることで、素振りのイメージと実際にボールを打つ感覚がリンクされていきます。

 

素振りは練習場まで足を運ぶ必要もないし、少しスペースがあれば室内でもできます。

なおかつ効果絶大なのですから、やらない手はないですよね。

 

-パター練習-

 

もうひとつ手軽に練習できるのがパターです。

 

各ホールのスコアが決するのは言うまでもなくパターが入った時点です。

いくらプロ顔負けのショットを放って早々とグリーンを捕えても、3パットばかりではスコアになりません。

 

自宅にパターマットがあれば良いですが、なくてもじゅうたんの上で転がせば立派な練習です。

実際のグリーンは傾斜があったり、スライスやフックのラインがありますが、まずはパターマットなどで単純なストレートのラインをしっかり練習して“自分基準”を作ってしまうことです。

 

いくら実際のグリーンには曲がるラインや傾斜があるといっても、パッティング自体でフックやスライスの回転をかけるわけではありません。

あくまで目標に設定したところをめがけて真っ直ぐ打出すのですから、自分なりの基準値をつくっておいてこそ実際のグリーンでイメージができるのです。

 

パターマットの練習というのもまたまた地味ですが(笑)

 

-まとめ-

 

下地のしっかりした塗装が剥がれにくいのと同じで、素振りやパターといった下地をしっかりさせておくと 【メーカー在庫あり】 三菱マテリアル(株) 三菱 コンパックス CBN NP-TCGW090208GA3 HD、ゴルフも崩れにくくなると思います。

 

「ゴルフの練習=打球練習」というようなイメージを持たれる方が多いですが、球を打たなくても上達したり調子を維持することができるのです。

 

私もやみくもに球ばかり打って、いっこうに成果があがらない時期がありました。

今から思えば、打球練習をすることで練習した気になっていただけなんですね。

 

時間をかけなくても効果的な練習方法を見出して、日常生活の中で楽しみながら練習できる人はゴルフのスコアもどんどん良くなっていくと思います。

 

素振りはもっとも効果がありますが、

【送料無料】 185/65R15 15インチ BIGWAY ビッグウエイ LEYBAHN WGS 6J 6.00-15 DELINTE デリンテ DH2(限定) サマータイヤ ホイール4本セット フジコーポレーション

、駅のホームで傘を振るのだけはやめましょうね。(笑)