>  > HONDA ホンダ 純正 NONE N-ONE エヌワン シートカバー 運転席ハイトアジャスター装備無し車用 2017.12~仕様変更 08P93-E8P-B20A

HONDA ホンダ 純正 NONE N-ONE エヌワン シートカバー 運転席ハイトアジャスター装備無し車用 2017.12~仕様変更 08P93-E8P-B20A

カーマット フロアマット 日産 クリッパー/クリッパーリオ 15年9月~24年12月 フットレスト無-ECOベージュ

HONDA ホンダ 純正 1564CYL NONE N-ONE エヌワン シートカバー 運転席ハイトアジャスター装備無し車用 2017.12~仕様変更 TRUCK 08P93-E8P-B20A

2017.12~仕様変更 運転席ハイトアジャスター装備無し車用 HONDA 08P93-E8P-B20A ホンダ 純正 エヌワン 純正 シートカバー 2017.12~仕様変更 N-ONE NONE

濃藍(こあい)の海

浜田 道雄

 立夏から一月近くが過ぎたこのごろ、

、マグカップを片手に眺める海もすっかり夏の色に染まった。
 しばらく前まで沖合には春の名残が残っていて、空との境はおぼろにかすんでいたが、今朝は抜けるように晴れ上がった青空のもと、くっきりとした水平線が海と空とを切り分けている。海の色はもはや冬の鈍色でもなく、春の銀鼠でもない。朝日に輝く黒潮の命あふれる濃い藍色だ。
 そんな海を眺めていると、またしても子供のころ折に触れて出かけて行った大森の海の記憶が蘇ってくる。

 海を見ながらいつもその彼方にある国々を思った。この海の向こうにはアメリカがある。そして、アメリカのまだ先の大西洋の彼方にはヨーロッパやアフリカがある。だが、その国々について私は映画や新聞、書物などでしか知らない。
 まだ、世界は未知にあふれていたころである。その未知に出会い、それが何であるかを知るために、いつかアメリカやヨーロッパ (まとめ) トップビューテープLED 30cm青 2703 【×5セット】【送料込/送料無料】、アフリカの国々に行き、その地を自分の足で踏みしめ、この眼で確かめたい。そうすれば 『1番のみ』 ラパン用 パネル[一式] バックドア 69100-75H01 FIG691a スズキ純正部品、そこに住む人々は映画や新聞、書物以上にたくさんのことを教えてくれるに違いない。
 大森の海を見るたびに、そう思った。

 海を渡って本当に異国の地を踏むまでには 、それから20年近くの年月が過ぎていた。行政研修を受けるためワシントンDCに行く途次サンフランシスコ空港に降り立ったとき、イミグレイションの係官が私に、 
「How long gonna stayin’ here?」
と訊ねてきた。
 それを聞いたとき、「いま私は間違いなくアメリカにいるんだ」と知った。海の向こうにある異国アメリカの存在を自分自身で確かめた瞬間だった。
 それからさらに何十年かが過ぎて、海の向こうに憧れていた少年はいくつもの海や大陸を渡って多くの国々に行き、そこの人々と交わりともに仕事をして 18インチ サマータイヤ セット【適応車種:マークX(120系 全グレード)】HOT STUFF Gスピード G02 メタリックブラック 7.5Jx18ZIEX ZE914F 225/45R18、この世界にはもはや何の不思議も存在を確かめなければならない国もないと思うようになった。人間は月の裏側を眺め、木星の衛星イオの火山噴火まで確かめるようになったのだから。

 いまベランダ越しに濃い藍色に輝く相模灘を眺めていると、海の向こうの未知なるものに憧れた少年の情熱がふたたびわが身に蘇ってくるのを覚える。
 あのサンフランシスコの空港でイミグレイションオフィサーに出会ったときの記憶 18インチ サマータイヤ セット【適応車種:クラウンロイヤル(180系 全グレード)】HOT STUFF Gスピード G02 メタリックブラック 7.5Jx18ZIEX ZE914F 225/45R18、未知なるものを求める旅の第一歩を踏み出した瞬間の感激が昨日のことのように鮮明に浮かんでくる。

 海の向こうには、そして日本にも [CUSCO] クスコ LSD タイプMZ 1way フロント カローラアクシオGT NZE141 2009年02月~2012年05月 1NZ-FE 1.5T FF TRDターボモデル MT 標準デフ:オープン、まだまだ学ばなければならない未知なるものがたくさんあるに違いない。それを知り確かめるためにこれからも旅を続け、

HONDA ホンダ 純正 NONE N-ONE エヌワン シートカバー 運転席ハイトアジャスター装備無し車用 2017.12~仕様変更 08P93-E8P-B20A

、学び続けなければならない。
 そんな思いを募らせる濃藍(こあい)の海がいま眼の前にある。

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-57832